転職活動の面接での自己PR

2009年10月14日 11:11 | コメント(0) | トラックバック(0)

転職活動では自己PRをする機会が何度かあります。書類選考での履歴書や職務履歴書には自己PR欄があることが多く、筆記試験に作文が含まれている場合には自己PRを題材に作文を書くこともあります。転職活動の面接でも必ず自己PRをすることが求められるので、面接の自己PRのポイントを頭に叩き込んでおきましょう。

転職活動の情報収集やキャリアの棚卸しは自己PRに大きな影響を及ぼします。転職の面接では、ただ自分の長所を羅列するような自己PRは効果がありません。情報収集で企業が求める転職者の条件を把握し、転職者の職務経験や業績と照らし合わせて企業が求める人物像と転職者がマッチしていることを企業にアピールすることで、効果的に自己PRをすることが出来ます。

面接で転職者の自己PRをする機会が最後にくるならば、自己PRの内容に工夫するというのも一つの手です。その場合、転職者の自己PRに採用担当者からの質問内容の答えを組み込むと更に効果的なアピールになります。

面接での自己PRは、採用担当者と転職者との会話のキャッチボールのようなものです。自己PRとなると強いアピールを避けるため「即戦力になるかどうかは分かりませんが」と遠慮するような自己PRをする転職者がいますが、そうなると採用担当者から「即戦力にならないならいりません」という答えが返ってくるのは当然のことなので、自分をマイナス評価する自己PRは止めましょう。

 

腸内洗浄でデトックス 手のしびれ  レーザー手術で視力回復
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

ステップアップをするための転職
将来ステップアップをしていくための転職ならば、転職活動の際、会社の下調べを徹底的に行い、転職希望先の業務内容を把握し、その会社で自分がどう働いていきたいのか明確に表現することが大切です。
人間関係がきっかけとなる転職
職場の上司や部下との人間関係が転職理由になります。転職理由には、職場の人間関係の悪化もあります。人間関係は、些細なことから崩れていくため、職場の人間関係には、かなり気を遣いますが、人間関係の構築があまりにも上手くいかない場合は、転職を考えることになります。
待遇を改善するための転職
転職を思い立つ理由に、勤務時間や給与など、職場での待遇なども考えられます。残業が多すぎることや給料が低すぎることが、転職を考える原因となります。
若年層の転職
若年層の転職者は将来性を重視されるため、実務経験よりも仕事に対する意欲を評価します。仕事に対する熱意を表現することが肝心ですが更に、転職して意欲的に仕事に励むことを効果的にアピールする工夫も採用側にとって好印象を与えます。
転職活動の準備
転職活動を開始してから困ることのないよう、転職活動の準備は万全にしましょう。転職活動には、資金・情報網の確立・履歴書や職務経歴書などの準備が必要です。企業の採用期間には限りがあるので、準備が整っていないとせっかくのチャンスを逃してしまいます。
転職活動の職務経歴書
職務経歴書は、転職者のプレゼンテーション能力や書類作成能力の判断材料になり、転職者の職務経歴書を見やすく表現するレイアウトの工夫は良い評価に繋がります。履歴書のように年代別に転職者の経歴を箇条書きにする形式が一般的ですが、転職回数が多い転職者の場合は、表を用いて業務内容別に経歴をまとめて紹介する方が見やすく、評価も高くなるでしょう。
転職活動の筆記試験対策
外資系関連やIT関連など転職する業界によっては、業界に特化した能力を検査する専門知識問題が重視されます。
転職活動の面接での自己PR
面接で転職者の自己PRをする機会が最後にくるならば、自己PRの内容に工夫するというのも一つの手です。その場合、転職者の自己PRに採用担当者からの質問内容の答えを組み込むと更に効果的なアピールになります。
転職活動の流れ
本格的な転職活動は、スピードとの勝負になります。転職活動が長期間に及ぶと、資金も底をつき、転職する気力さえも失ってしまいます。転職者の転職活動は平均3ヶ月、長くても6ヶ月以内なので、その期間で転職活動が終了出来るようにスケジュール管理を行うことが大切です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mt3.dt10.net/mt-tb.cgi/1073

コメントする

このサイトを購読する