転職を自分がステップアップするために行うケースがあります。求人票や情報誌で見た仕事内容に魅力を感じて就職してみたものの、自分のイメージと実際の業務内容が異なり、自分が希望する将来像と会社が求める自分の将来像にズレが生じることが転職するきっかけとなります。どんなに仕事を熱心にこなして今の会社でステップアップしたとしても、自分のスキルを活かしきれないため、転職という選択をします。

ステップアップをするための転職は、転職を希望する会社で前向きに働く意志を表しているものでもあり、会社にとっても悪い印象を与える転職理由ではありません。将来、転職者が会社にとって重要な即戦力になっていく可能性も充分考えられます。

このケースの場合、採用側が重視するのは、転職しようとしている会社の業務内容を正確に把握出来ているのかと、転職した会社で具体的に何をしたいのかということです。転職する要因が会社と自分の将来像が合わないことだとすると、転職を希望する会社と自分の将来像が合っているのかがポイントとなります。せっかく転職先が決まっても、自分の希望と違うということで、再び転職されると採用側から見ても迷惑なのだからです。

将来ステップアップをしていくための転職ならば、転職活動の際、会社の下調べを徹底的に行い、転職希望先の業務内容を把握し、その会社で自分がどう働いていきたいのか明確に表現することが大切です。

 

 手湿疹  カフェの経営  月経前症候群

このサイトを購読する